西日暮里に移住したくなるほど美味いパン!「イアナック」のデニッシュは毎日でも食べたい無二の存在 – ORICON NEWS



毎日通いたいパン屋さん

以前ご紹介した上野のコッペパン専門店「イアコッペ」。ここで使われているのが、西日暮里にあるブーランジュリー「ianak!(イアナック)」のパンです。

イアコッペが最高だったのでイアナックのパンも絶対おいしいはず!と踏んで買いに行ってみたところ、もういっそ西日暮里へ移住してもいいとすら思えるほど絶品でした…!しかも、ほかにはないオリジナリティあふれるパンが多いので、パン好きはぜひ一度足を運んでみてほしい!

ブーランジュリー ianak!(イアナック)

◆イアナックの自家製酵母パン
イアナックという、どこか北欧っぽさを感じさせる店名の由来はオーナーシェフの名前。金井さんという方なので、ローマ字にして逆さ読みすると「kanai」→「ianak(イアナック)」になるんですね!

そんなイアナックのパンは自家製酵母を使って焼き上げられます。お肉や野菜がたっぷり詰まったキッシュやサンドイッチなどのお惣菜パンから、あんぱんやクリームパン、チョココロネといった懐かし系おやつパンまで豊富にラインナップ。

今回はその中から、4つのパンを買って食べてみました。

・ピスタチオのデニッシュ(280円、税別、以下同じ)

デニッシュ生地に、ぽってりとしたピスタチオクリームとアーモンドクリームを合わせた四角いパン。

ピスタチオのデニッシュ

まずデニッシュが最高に美味。ハリハリッ、さくさくっと繊細にほどけて、噛むほどにバターのうまみがじゅんわりとしみ出します。

クリームがしっとりなじんだところもとろけるおいしさ

そしてたっぷりのピスタチオフィリング。これがなんというか、甘いのかしょっぱいのか判断できない絶妙な味で、めちゃくちゃおいしいんです!ナッツの油分を感じるまろやかさ、木の実がもつ香ばしさ、奥行きのあるコク、ほのかな塩気も感じるような…?甘いとしょっぱいのボーダーラインを行き来する不思議なおいしさは格別です!

・ベーコンエピ(208円)

オリーブとスモークベーコンを練りこんだハード生地のパン。主役はとにかくベーコンです。

ベーコンエピ

かじると外はカリッ、中はもちもち。ベーコンは大きな切り身が何枚もがっつり埋まっていて、もっちりしたパンの歯ごたえも相まってかなり食べごたえがあります。パンとジューシーなお肉を同時にほお張っている感じ。

スモークベーコンがどーんと
生地はもちもち!

そして、想像していたよりもだいぶスモーク感が強い!燻製好きにはたまらないスモーキーな香りがガツンと届く、大人のベーコンエピ。オリーブのアクセントもきいています。ワインにも合いそう。

・アールグレイメロンパン(130円)

新商品ということで買ってみました。生地にアールグレイが練りこまれているようです。

アールグレイメロンパン

クッキー生地はサックサクで、中はふわっふわ!バターリッチなメロンパンのおいしさをそのまま残しつつ、上品に香るアールグレイとほのかな甘みが広がります。女性はこれ、好きなんじゃないかな〜。

甘さひかえめで、2、3個食べたくなるおいしさ

・ブルーベリーカップ(250円)

カップ型のブリオッシュ生地に、エペスクリームとたっぷりのブルーベリーを入れた丸いパン。ごろごろ敷き詰められたブルーベリーがまるで黒真珠のよう!

ブルーベリーカップ
宝箱かな?

ほわんとやわらかな生地は口どけよく、噛むとすぐに消えていきます。なめらかなエペスクリームはほんのり酸味があり、甘ずっぱいブルーベリーの実と、少し甘みを感じるブリオッシュ生地をいい具合につないでいます。まるでケーキみたいなスイーツパン!

ブルーベリータルトみたい

けっして広くはないお店ですが、とにかく360度どこを向いてもおいしそうなパンがずらっと並んでいるので、初めて訪れた人はどれを買おうか悩んでしまうかも。でも、そんな優柔不断な時間もパンの匂いに包まれていたら幸せでしかありませんよね!何度か足を運んで、お気に入りのパンを見つけてみてはいかがでしょうか。



私の一押しはピスタチオのデニッシュです!

こんな記事もよく読まれています