瀬戸大橋の「日本の20世紀遺産20選」への選出について知事コメント



瀬戸大橋の「日本の20世紀遺産20選」 への選出について知事コメント

本日、瀬戸大橋が日本イコモス国内委員会から「日本の20世紀遺産20選」の一つに選定されるという嬉しい知らせが届きました。

対象は、本県側の北備讃瀬戸大橋及び南備讃瀬戸大橋で、その選定理由は、この2橋に用いられている吊り橋技術が、日本の代表的な20世紀の技術であるためとお聞きしております。

折しも、瀬戸大橋が、来年、4月10日に開通30周年を迎えるに当たり、今回、瀬戸大橋が「日本の20世紀遺産20選」に選定されたことは、大変、喜ばしいことであり、今後とも、瀬戸大橋が世界に誇れる技術で造られていることなどを、広く周知してまいりたいと考えております。

この節目の年に、県では、坂出港における花火大会の開催など、様々な記念事業を計画しており、この機会に、地域経済を支える基盤である瀬戸大橋のことを再認識いただくとともに、交流人口の拡大にも取り組んでまいりたいと考えております。



香川県知事 浜田恵造 署名

担当課

交流推進部 交通政策課

お問い合わせ

電話:087-832-3082

FAX:087-831-9606

メール:kotsu@pref.kagawa.lg.jp


こんな記事もよく読まれています