平成29年度山口県立萩看護学校「看護のこころ継承式」の挙行について(9月15日)



山口県/報道発表/平成29年度山口県立萩看護学校「看護のこころ継承式」の挙行について

平成29年 (2017年) 9月 15日

1 日時

平成29年10月6日(金曜日)午前10時から午前11時まで

2 場所

萩市大字堀内489-5 山口県立萩看護学校「体育館」

3 参加学生

第一看護学科1年生 37人

4 式次第

昨年度の継承式の様子です

(1) 開式の辞

(2) 聖火継承の儀

(3) 誓いの言葉

(4) 校長訓辞

(5) 来賓祝辞

(6) 来賓紹介

(7) 校歌斉唱

(8) 閉式の辞

5 看護のこころ継承式について

看護のこころ継承式は、近代看護の祖であるナイチンゲールのこころを受け継ぐ儀式です。 この式において灯すローソクの火は、ナイチンゲールがランプを持って患者を見回ったことにちなみ、「看護の灯火」を受け継ぐことを意味しています。

学生は、看護に関して学び始めて6ヵ月の節目にあたり、自分自身を振り返るとともに、看護師をめざす者としての自覚と責任を新たにします。

6 その他

「聖火継承の儀」の時間中は、照明、フラッシュ等の光を発する物を用いた撮影等は、御遠慮ください。



 

お問い合わせ先

萩看護学校
Tel:0838-26-6500
Fax:0838-26-6510
Mail:a15133@pref.yamaguchi.lg.jp


こんな記事もよく読まれています