平成29年12月8日支給の期末・勤勉手当について



県政eしんぶん報道資料

公開日:2017年12月8日

 滋賀県職員の期末・勤勉手当の支給状況は、一般職の職員(県職員、小・中・高等学校等の学校職員、警察職員)および特別職の職員(知事、副知事、県議会議員等)あわせて、総支給人員が、18,555人で、総支給額が、約161億6百万円です。

なお、一般職の職員の平均支給額および特別職の職員の支給額等は、以下のとおりです。

また、12月期の支給月数は、一般職の職員が、2.225月、特別職の職員が、1.7月です。

一般職の職員

 

平均年齢

平均支給額

控除後平均支給額(※)

知事部局

43歳4月

845,364円

632,865円

(うち管理職員を除く。)

40歳6月

746,371円

571,710円

学校職員

43歳3月

881,277円

672,211円

警察職員

39歳2月

824,554円

626,103円

合計

42歳8月

864,990円

656,559円

(※)所得税および共済掛金を控除した後の平均支給額です。



特別職の職員

 

支給額

知事

3,081,250円

副知事

2,415,700円

県議会議長

2,415,700円

県議会副議長

2,095,250円

議員

1,972,000円

(参考)平成28年12月期の公表内容

全体

総支給人員

18,464人

総支給額

15,863,789,883円

一般職の職員

 

平均年齢

平均支給額

控除後平均支給額

知事部局

43歳5月

832,799円

621,907円

(うち管理職員を除く。)

40歳7月

734,134円

561,216円

学校職員

43歳6月

875,343円

668,599円

警察職員

39歳4月

809,186円

614,782円

合計

42歳11月

856,275円

650,220円

特別職の職員

 

支給額

知事

2,990,625円

副知事

2,344,650円

県議会議長

2,344,650円

県議会副議長

2,033,625円

議員

1,914,000円


こんな記事もよく読まれています