平成29年度第3回アスベスト対策に関する講習会の参加者を募集します



平成29年度第3回アスベスト対策に関する講習会の参加者を募集します

 アスベスト(石綿)は、人が吸い込むと長期に体内にとどまり、刺激を与え続けることで中皮腫や肺がんなどを引き起こすといわれています。
 このアスベストは過去に建築物等の建設材料として多く使用されており、建築物等が解体等される場合に大気中に飛散させないためには、大気汚染防止法等に基づき、適切に解体等工事が実施されることが重要です。
 このため、アスベストの飛散防止対策等について広くお知らせする講習会を、全3回シリーズで開催しており、第3回の講習会として「災害時におけるアスベスト飛散防止対策について」をテーマに開催します。※
 参加無料ですので、是非御参加ください。
 ※全3回の概要は「6 全3回シリーズの概要」を参照。

1 日時・場所

平成30年1月15日(月曜日)午後1時30分から午後4時まで(開場 午後1時)
伏見ライフプラザ5階 鯱城ホール(名古屋市中区栄一丁目23番13号)

2 主催

愛知県アスベスト対策協議会、愛知県、名古屋市

3 内容

(1)「アスベストに関する大気汚染防止法等の概要について」(愛知県環境部大気環境課)
(2)「災害時におけるアスベスト飛散防止対策について」
建設廃棄物協同組合 理事長 島田 啓三氏
(3)その他
「特定特殊自動車排出ガスの規制等に関する法律(オフロード法)に係る規制について」(愛知県環境部大気環境課)

4 定員・参加費

300名・無料

5 参加申込みの方法

 所属、氏名、参加人数、電話番号、E-mailアドレスを記載の上、FAX(052-953-5716)又は電子メール(taiki@pref.aichi.lg.jp)により、平成30年1月10日(水曜日)までに愛知県環境部大気環境課宛てお申込みください。
 定員になり次第、申込みを締め切ります。なお、定員超過のため御参加いただけない方には御連絡します。

6 全3回シリーズの概要

 
回数 開催時期 場所 テーマ
第1回 平成29年8月 名古屋市 基礎からわかる解体時におけるアスベストの飛散防止対策について
第2回 平成29年12月18日開催 岡崎市 解体等工事に係るアスベストの事前調査について
第3回 平成30年1月 名古屋市 災害時におけるアスベスト飛散防止対策について

7 チラシについて

(参考)愛知県アスベスト対策協議会の概要

1 目的
 アスベスト対策に関する関係機関・関係団体間の連携を図り、愛知県におけるアスベスト対策を総合的に推進する。
2 設立年月日
 平成17年9月13日

愛知県アスベスト対策協議会の構成団体
厚生労働省 愛知労働局、国土交通省 中部運輸局、環境省中部地方環境事務所
関係団体 (公社)愛知県医師会、(一社)愛知県環境測定分析協会、(一社)愛知県建設業協会、(一社)愛知県産業廃棄物協会、愛知県商工会議所連合会、(一社)愛知県病院協会、愛知県商工会連合会、建設業労働災害防止協会 愛知県支部、中央労働災害防止協会中部安全衛生サービスセンター、(一社)中部経済連合会、(一社)JATI協会、愛知県経営者協会、(独)労働者健康安全機構 愛知産業保健総合支援センター、(独)労働者健康安全機構 旭労災病院、日本労働組合総連合会 愛知県連合会
市町村 愛知県市長会、愛知県町村会、名古屋市、豊橋市、岡崎市、豊田市
愛知県 (議長:愛知県副知事)

問合せ先

 愛知県 環境部 大気環境課
  規制グループ
   担当 : 谷口、鈴木
   電話 : 052-954-6215
   E-mail : taiki@pref.aichi.lg.jp



Adobe Reader


PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)



こんな記事もよく読まれています