北方警察署ニュース第3号(10月から12月)



 10月から12月にかけての北方警察署からのお知らせです。
 10月31日午後2時ころ、ATMを利用している高齢男性について直感的におかしいと思った杉原さんは、

その男性に声をかけ、詐欺の被害を間一髪のところで防がれました。

 杉原さんは、その男性が

 ・ATMに並んでいるときから携帯電話で会話をしていた

 ・そのとき「私の前にあと3人並んでいます」と伝えていた

 ・端末操作をしている最中も携帯電話で話していた

 ・電話の相手に残高を教えていた

といったことから、「この男性は詐欺に遭っているのでは?」と思ったそうです。

 杉原さんは勇気を振り絞ってその男性に声をかけたところ、一旦は「騙されていない」と否定しましたが、

その後も杉原さんは説得を続け、我に返った男性は騙されていたことに気が付いたのでした。

 その判断力と勇気を称え、北方警察署長から感謝状を贈らせていただきました。

勇気ある杉原さんと感謝状

 安全運転管理への功労により、全国表彰を受けた方からの受章報告をいただきました。

 また、北方地区安全運転管理部会と連携し、県表彰の伝達を行いました。

全国表彰

・交通栄誉章「緑十字銅章(優良安全運転管理者)」

 田中建設工業株式会社 田中英伸さん(写真前列中央)

県表彰

・優良安全運転管理事業所

 井納建設株式会社 井納一雄さん(写真前列左)

 魚伴 清水勉さん(写真後列左から二人目)

・優良安全運転管理者

 杉山建設株式会社 石原彰さん(写真前列右)

 郡上鋪道株式会社 高橋昭浩さん(写真後列右から二人目)

 これまで、事業所での交通事故防止に真剣に取り組んでこられたのが認められての表彰です。おめでとうございます。

 引き続き、無事故に向けた活動をよろしくお願いします。

受章報告・伝達をされたみなさま

 10月13日午後5時から午後6時まで、モレラ岐阜において、MSリーダーズ、警察活動協力員、北方警察署員は合同で「自転車盗被害防止広報活動」を行いました。

 無施錠の自転車に施錠を訴えるステッカーを取り付けたり、自転車のお客さんにパンフレットを手渡しながらモレラ岐阜の駐輪場を回りました。

 活動の中、MSリーダーズたちは「自転車には鍵をかけてください」と元気よく声をかけていました。

 皆さん、短時間でも自転車から離れる時は施錠をしましょう。

モレラ岐阜での自転車盗防止広報活動 ともに広報するMSリーダーズたち

 10月7日、アピタ北方店で、岐阜県自動車整備振興会とマイカー無料点検を行いました。

 会場ではシートベルト着用啓発活動としてJAFによる「シートベルト着用体験」を行い、皆さんに着用の大切さを体験していていただきました。

 また、無料点検を受けていただいた方の車には、ナンバープレートの盗難防止ねじを取り付けていただきました。こうした日頃からの防犯活動が大きな犯罪抑止の力になっていくので大切なことですね。

 このほか、ミニ白バイ展示、パトカーの乗車体験、靴用反射材の貼り付け、岐阜県自動車整備振興会による子供安全免許証の発行などを行い会場は大盛況。

 ご協力を賜りました関係各所の皆様、ありがとうございました。

マイカー無料点検と盗難防止ねじ取り付け シートベルト着用体験 ミニ白バイに乗車とガッタマン 靴用反射材で事故防止 振興会さんの子供安全免許証イベント

 先月26日に岐阜県警察学校を卒業し、同日付けで北方警察署勤務となった、新任警察官岡田健斗巡査(22歳)が指導員の前川巡査部長とともにパトロール中、駐車場でうずくまっている男性らに声を掛け、職務質問を行ったところ、傷害事件と分かり、その犯人を逮捕しました。

 岡田巡査による「初めての当直勤務日」に、「初めての職務質問」で、「初の犯人検挙」という快挙に署員一同、犯罪抑止、犯罪検挙という警察官魂が再熱しています。

北方警察署前にて

左が新任岡田巡査、右が指導員の前川巡査部長

 9月29日、北方警察署に選挙違反の取締本部を設置し、当署玄関に表示板を貼り出しました。

 表示板の文字は、9月26日付で新たに配属となった岡田健斗巡査(22歳)の直筆であり、岡田巡査の「書道八段」という卓越した技能を生かしたもので、警察官らしい力強さが感じられます。

 その文字どおり、北方警察署員は不偏不党・厳正公平な立場を堅持し、選挙の公正を害する悪質な違反取締りを徹底します。

選挙違反取締本部を設置

 9月29日、本巣市、本巣地区交通安全協会本巣支部の方々と一緒に本巣市(文殊、中島、山口、外山)の高齢者世帯(100世帯)への家庭訪問を実施しました。

 反射材の効果を説明して、靴用反射材を貼らせていただいたり、振り込め詐欺に遭わないための注意事項などについてお話をしました。

高齢者世帯への訪問(本巣市1) 高齢者世帯への訪問(本巣市2)




こんな記事もよく読まれています