【新潟】美術鑑賞講座「デザイナー・亀倉雄策のうつくしい暮らし」



※このページは、FM放送で読み上げた原稿を、原文のまま掲載しています。(原稿作成:万代島美術館)
FM放送「エフエム新津(ラジオチャット)76.1MHz」では、毎月第2、第4金曜日の午前9時55分から新潟地域振興局や新潟地域に所在する県の機関の情報「新潟県新潟地域振興局からのお知らせ」を放送しています。

【2017年10月13日放送原稿】
 新潟県立万代島美術館では、所蔵品展「うつくしい暮らし」を11月5日、日曜日まで開催しています。所蔵品の中から、県内ゆかりの作家による工芸作品や、燕市出身のグラフィックデザイナー・亀倉雄策が収集したガラス器や陶磁器、絵画などを展示し、暮らしを彩る「うつくしいもの」をご紹介しています。
 また、展覧会の関連イベントとして、10月21日土曜日、午後2時より、当館学芸員による美術鑑賞講座「デザイナー・亀倉雄策のうつくしい暮らし」を開催します。亀倉が収集した絵画や彫刻、工芸品、民芸品などを紹介しながら、亀倉の審美眼についてお話しします。会場は万代島ビル11階のNICOプラザ会議室です。参加は無料、申し込み不要です。展覧会の観覧とあわせ、是非ご参加ください。
 展覧会、およびイベントの詳細は万代島美術館ホームページをご覧いただくか、電話025-290-6655、025-290-6655までお問い合わせください。皆さまのお越しをお待ちしています。




こんな記事もよく読まれています