2020大会に向けた暑さ対策推進事業 補助対象事業決定



報道発表資料  2017年07月06日  環境局

都では、平成29年度から、東京2020大会競技会場周辺で、かつ、観光客等が多く集まる注目度が高い地域において、人の感じる暑さを緩和する「東京2020大会に向けた暑さ対策推進事業」を開始しました(平成31年度までに、6地域程度で実施)。
今年度は、中央区及び調布市において、下記の暑さ対策を補助対象とすることに決定しましたのでお知らせします。

1 中央区

整備する暑さ対策設備 設置場所(補助対象者)
微細ミスト及び微細ミスト付パラソル 数寄屋橋公園(五丁目)(一般社団法人銀座通連合会)
微細ミスト付パラソル 日本橋滝の広場(名橋「日本橋」保存会)
微細ミスト(高木との組合せ) 東京日本橋タワー公開空地(住友不動産株式会社)
微細ミスト付パラソル 日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業区域内の中央区道284号線上
(日本橋二丁目地区市街地再開発組合)
フラクタル日よけ及び気化式冷風機 京橋エドグラン公開空地
(京橋二丁目西地区市街地再開発組合)
微細ミスト及び減熱ベンチ 東京スクエアガーデン公開空地
(東京建物株式会社)
微細ミスト・ファン付パラソル 福徳の森(三井不動産株式会社)
  • 補助対象地域:銀座から日本橋に係る中央通沿いの区域及び数寄屋橋公園
  • 近接する東京2020大会会場:東京国際フォーラム

2 調布市

整備する暑さ対策設備 設置場所(補助対象者)
歩道の遮熱性舗装及び微細ミスト スタジアム通り及び飛田給駅公共通路(調布市)
  • 補助対象地域:京王線飛田給駅公共通路・飛田給駅から国道20号線までの調布市主要市道33号線(通称スタジアム通り)及びその沿道
  • 近接する東京2020大会会場:東京スタジアム・武蔵野の森総合スポーツプラザ

事業概要

  • 東京2020大会会場周辺で、現に観光客等が多く集まる地域において、先進技術等を有する暑さ対策設備の整備に係る経費を補助(補助率:10分の10)
    ※地域は、区市が申請したものを都が審査し決定
  • 事業目標:平成31年度(2019年度)までに6か所程度のクールエリアを創出
  • 平成29年度予算額:1億円(1地域あたり5,000万円×2か所)
  • 設置場所の条件:人が自由に出入りできる場所又は公共交通機関の施設等
(暑さ対策設備のイメージ)
写真 写真
微細ミスト 微細ミスト付パラソル
写真  
フラクタル日除け  

「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「スマート シティ 政策の柱2 快適な都市環境の創出」



問い合わせ先
環境局地球環境エネルギー部環境都市づくり課
電話 03-5388-3566

こんな記事もよく読まれています