千葉県産植木の輸出相談窓口の開設について



発表日:平成29年9月15日

農林水産部生産振興課

植木は、本県産農産物の輸出主力品目で、中国や東南アジア向けのマキを中心に輸出を伸ばしてきました。
今後も植木の輸出拡大を推進するため、本日から(公社)千葉県園芸協会内に植木輸出の相談窓口を開設し、輸出に取り組もうとする県内生産者を支援します。

1 目的

本県産植木の輸出拡大を推進するため、植木の輸出実践者や専門家による輸出の相談体制を構築します。

2 相談窓口

(1)相談受付機関

公益社団法人千葉県園芸協会産地振興部(千葉市中央区市場町1-1南庁舎9階)

※窓口では相談内容を受け付け、アドバイザー(植木の輸出実践者や専門家)との相談日を調整します。

(2)受付時間

月~金曜日 午前10時から午後4時まで

休業日:土・日・祝日及び12月29日から1月3日まで

(相談の受付は平成30年3月15日(木曜日)まで)

(3)受付方法

次のいずれかの方法で受け付けます。



  1. 電話:043-223-3007
  2. ファクシミリ:043-224-1444
  3. ホームページ:http://chiba-engei.or.jp/外部サイトへのリンク(10月2日から運用開始予定)
    トップページ植木相談のバナーから相談受付にリンクしています。
    相談内容を入力様式に従って入力してください。

(4)対象者

県内の植木生産者

(5)相談内容及び場所

植木輸出に必要な手続や、輸送のための調整技術等、輸出に関する個別相談にアドバイザー(実践者や専門家)が応じます。

相談場所は、農事組合法人八日市場植木組合事務所内(匝瑳市)となります。※相談場所での受付は行っておりません。

(6)相談料


こんな記事もよく読まれています