海岸保全基本計画(案)についての意見募集(終了しました) [農村整備課・漁港漁場整備課・河川砂防課・港湾空港課 3月9日]



青森県では、海岸法の3つの目的である「防護」・「環境」・「利用」の調和のとれた海岸管理を実施していくため、平成15年に県内3沿岸の「海岸保全基本計画」を策定しました。
このうち「下北八戸沿岸海岸保全基本計画」については、平成23年3月11日に発生した東日本大震災を契機に必要となった津波対策等を追加するため、平成26年3月に変更しました。その後、急速に進む海岸保全施設の老朽化等に適切に対応していくため、国は海岸法を一部改正し、海岸保全施設を良好な状態に保つよう維持・修繕すべきことを明確化するとともに、海岸保全基本計画に定める事項として、「維持又は修繕に関する事項」を規定したことから、県内3沿岸の「海岸保全基本計画」を変更する必要が生じました。

つきましては、「下北八戸沿岸海岸保全基本計画(案)」、「陸奥湾沿岸海岸保全基本計画(案)」及び「津軽沿岸海岸保全基本計画(案)」を作成しましたので、下記のとおり意見を募集します。

※現行の海岸保全基本計画はこちらから↓
http://www.pref.aomori.lg.jp/kotsu/build/aomorikaiganhozen.html

つぎのリンク先からご覧頂けるほか、農村整備課、漁港漁場整備課、河川砂防課、港湾空港課、県政情報センター、県の合同庁舎地域住民情報コーナーで印刷物をご覧いただけます。

提出していただいた意見については、それに対する事務局の考え方を付して、内容を公開することを予定しています。公開にあたっては、住所・氏名は公表しませんが、意見の内容を簡単に取りまとめて公表する予定です。(この際に、類似の意見は、まとめて公表することもあります。)なお、賛成、反対のみの意見については、その件数は公表しますが、原案が事務局の意見であることから、改めて考え方を公表することはしません。




こんな記事もよく読まれています