BSE(牛海綿状脳症)に関する情報 [畜産課 3月13日]



 青森県におけるBSE対策をはじめ、BSEに関して県民の皆様に知っていただきたい情報を提供するためのページです。

(1)死亡牛のBSE検査
 「牛海綿状脳症対策特別措置法」に基づき、48か月齢以上の死亡牛の検査を実施しています。(平成27年4月1日から死亡牛の検査対象月齢が24か月齢以上から48か月齢以上に変更になりました。)
死亡牛のBSE検査結果(H14年度~H28年度)

(2)死亡牛の届出
48か月齢以上の牛が死亡した場合は、管轄する家畜保健衛生所への届出が必要です。
届出様式はこちらでダウンロードできます → 死亡牛届出様式
※FAXによる届出は土・日・祭日でも受け付けています。




こんな記事もよく読まれています