(3)治山に関する業務 [下北地域県民局地域農林水産部 3月13日]



 山地崩壊や土砂流出、地すべり等の山地災害から県民の生命や、道路、人家、農地等の財産を保全し、安全で安心できる豊かなくらしを実現するため、森林法に基づき、ダムの設置や法面の保護を行っています。また、水源の涵養、生活環境の保全など公益的機能を十分に発揮させることで安全で住みよい国土の確保を図るために森林の整備をしています。

 また、県では集中豪雨等で山腹崩壊、土石流、地すべり等が発生する恐れのある山腹面や渓流等を、「山地災害危険地区」に指定しており、山腹傾斜角、地況・林況等を考慮し、危険度を判定しています。
 この情報を基に、山地災害防止の観点から治山事業を実施しており、市町村や関係機関とともに、地域住民への周知や警戒避難体制の確立等に努めています。
 この山地災害危険地区情報を周知することにより、普段からの災害時への備えや避難行動等の参考にしてください。

 身近な森林で斜面から石が転がり落ちてきたり、川の水が濁ったなどの現象が見られた場合には、ご連絡ください。
 ※全ての土砂災害の危険地区を示すものではありません。この地区以外でも土砂災害が発生する可能性は十分にあります。

〇山地災害危険地区の位置情報等に関する詳しい情報は青森県HPをご覧ください。
 【詳細】(県HP)青森県 山地災害危険地区 位置情報




こんな記事もよく読まれています