(仮称)新むつ小川原ウインドファーム事業計画段階環境配慮書に対する意見の概要 [環境保全課 3月14日]



ホーム > 生活・環境 > 環境・エコ > (仮称)新むつ小川原ウインドファーム事業計画段階環境配慮書に対する意見の概要



計画段階環境配慮書

審査会意見

  • 風力発電設備の配置等、計画の具体化に当たっては、環境への影響を低減するため、既存の風力発電設備の撤去用地及び既存道路の活用を優先すること。
  • 事業実施想定区域周辺においては、本事業者及び他事業者による既存及び計画中の風力発電事業が存在していることから、これらの事業との累積的な環境影響が想定される項目については、環境影響評価方法書以降の手続において、本事業との累積的な環境影響の調査、予測及び評価を行い、評価の結果、重大な影響が認められる場合には、本事業の位置、設備配置及び規模等を含めて再検討すること。
  • 工事用資材の搬出入及び工事関係車両の走行経路となっている道路の周辺には集落が存在しており、車両の走行により生活環境への影響が懸念されることから、工事の実施における環境影響評価項目として窒素酸化物、粉じん、騒音及び振動を環境影響評価方法書において選定すること。
  • 大型工事車両の走行に当たっては、むつ小川原地区の東西・南北幹線道路を利用することにより、住民の生活への影響が回避又は低減されるよう事業計画を検討すること。
  • 既存の風力発電設備の稼働後に集積したバードストライクに係る調査結果から、既存の風力発電設備ごとのバードストライクの頻度を予測、評価に反映させること。また、バードストライクの頻度の高い場所の近隣においては、風力発電設備の設置を回避すること。
  • 事業実施想定区域及びその周辺では、ハクチョウ、ガンカモ類の飛来やオジロワシ、オオワシ等の猛禽類の飛翔が確認され、重要なコウモリ類が生息している可能性もある。これらの鳥類やコウモリ類に対する重大な影響を回避又は低減するため、地元の複数の専門家から生態特性を聴取し、鳥類及びコウモリ類に係る調査、予測及び評価を適切な手法により行い、その結果に基づき、風力発電設備の配置等について検討すること。
  • 事業実施想定区域及びその周辺には、重要な動物の生息が確認されているほか、本配慮書に掲載されていない重要な昆虫類や底生動物、陸産貝類が生息している可能性がある。事業計画の策定に当たっては、これらの動物に対する重大な影響を回避又は低減するため、十分な調査を行う必要があることから、地元の複数の専門家から意見聴取し、動物に係る調査、予測及び評価を適切な手法により行い、その結果に基づき、風力発電設備の配置等について検討すること。
  • 事業実施想定区域周辺には鷹架沼や室ノ久保川等の水辺環境が存在しており、土地の改変に伴う土砂等が当該水辺環境に流入することにより、動植物の生息・生育環境に影響を与えるおそれがあることから、工事の実施における水辺環境に生息・生育する動植物に係る項目を環境影響評価方法書において選定すること。
  • 事業実施想定区域及びその周辺の南西側には植生自然度の比較的高い植物が連続して分布しており、生物の貴重な生息場所になっている可能性がある。事業計画の具体的な検討に当たっては、事業実施想定区域南西側の樹木の伐採や土地の改変を回避又は低減し、当該区域周辺に分布する動植物の生息・生育への影響に配慮した事業計画を検討すること。
  • 事業実施想定区域周辺には、住居が複数存在しており、風力発電設備の配置変更及び大型化により、騒音及び超低周波音の影響の程度が大きくなるおそれがあることから、事業計画の具体的な検討に当たっては、地形等を十分考慮した上で騒音及び超低周波音に係る調査、予測及び評価を適切な手法により行い、その結果に基づき、風力発電設備の配置等について検討すること。
  • 既存風力発電設備の建て替えに伴う風力発電設備の配置変更及び大型化により、周辺の住居に対する風車の影による影響が懸念されることから、事業計画の具体的な検討に当たっては、地形等を十分考慮した上で風車の影に係る調査、予測及び評価を適切な手法により行い、その結果に基づき、風力発電設備の配置等について検討すること。
  • 事業実施想定区域周辺には、主要な眺望点が複数存在しており、風力発電設備の配置変更及び大型化により、景観への影響の程度が大きくなるおそれがあることから、事業計画の具体的な検討に当たっては、景観に係る調査、予測及び評価を適切な手法により行い、その結果に基づき、風力発電設備の配置等について検討すること。

知事意見

  • 事業実施想定区域周辺においては、本事業者及び他事業者による既存及び計画中の風力発電事業が存在していることから、これらの事業との累積的な環境影響が想定される項目については、環境影響評価方法書以降の手続において、本事業との累積的な環境影響の調査、予測及び評価を行い、評価の結果、重大な影響が認められる場合には、本事業の位置、設備配置及び規模等を含めて再検討すること。
  • 風力発電設備の配置等、計画の具体化に当たっては、環境への影響を低減するため、既存の風力発電設備の撤去用地及び既存道路の活用を優先すること。
  • 大型工事車両の走行に当たっては、むつ小川原地区の東西・南北幹線道路を利用することにより、住民の生活への影響が回避又は低減されるよう事業計画を検討すること。
  • 事業実施想定区域及びその周辺の南西側には植生自然度の比較的高い植物が連続して分布しており、生物の貴重な生息場所になっている可能性がある。事業計画の具体的な検討に当たっては、事業実施想定区域南西側の樹木の伐採や土地の改変を回避又は低減し、当該区域周辺に分布する動植物の生息・生育への影響に配慮した事業計画を検討すること。
  • 事業実施想定区域周辺には、住居が複数存在しており、風力発電設備の配置変更及び大型化により、騒音及び超低周波音の影響の程度が大きくなるおそれがあることから、事業計画の具体的な検討に当たっては、地形等を十分考慮した上で騒音及び超低周波音に係る調査、予測及び評価を適切な手法により行い、その結果に基づき、風力発電設備の配置等について検討すること。
  • 既存風力発電設備の建て替えに伴う風力発電設備の配置変更及び大型化により、周辺の住居に対する風車の影による影響が懸念されることから、事業計画の具体的な検討に当たっては、地形等を十分考慮した上で風車の影に係る調査、予測及び評価を適切な手法により行い、その結果に基づき、風力発電設備の配置等について検討すること。
  • 事業実施想定区域及びその周辺には、重要な動物の生息が確認されているほか、本配慮書に掲載されていない重要な昆虫類や底生動物、陸産貝類が生息している可能性がある。事業計画の策定に当たっては、これらの動物に対する重大な影響を回避又は低減するため、十分な調査を行う必要があることから、地元の複数の専門家から意見聴取し、動物に係る調査、予測及び評価を適切な手法により行い、その結果に基づき、風力発電設備の配置等について検討すること。
  • 事業実施想定区域及びその周辺では、ハクチョウ、ガンカモ類の飛来やオジロワシ、オオワシ等の猛禽類の飛翔が確認され、重要なコウモリ類が生息している可能性もある。これらの鳥類やコウモリ類に対する重大な影響を回避又は低減するため、地元の複数の専門家から生態特性を聴取し、鳥類及びコウモリ類に係る調査、予測及び評価を適切な手法により行い、その結果に基づき、風力発電設備の配置等について検討すること。
  • 既存の風力発電設備の稼働後に集積したバードストライクに係る調査結果から、既存の風力発電設備ごとのバードストライクの頻度を予測、評価に反映させること。また、バードストライクの頻度の高い場所の近隣においては、風力発電設備の設置を回避すること。
  • 事業実施想定区域周辺には、主要な眺望点が複数存在しており、風力発電設備の配置変更及び大型化により、景観への影響の程度が大きくなるおそれがあることから、事業計画の具体的な検討に当たっては、景観に係る調査、予測及び評価を適切な手法により行い、その結果に基づき、風力発電設備の配置等について検討すること。
  • 工事用資材の搬出入及び工事関係車両の走行経路となっている道路の周辺には集落が存在しており、車両の走行により生活環境への影響が懸念されることから、工事の実施における環境影響評価項目として窒素酸化物、粉じん、騒音及び振動を環境影響評価方法書において選定すること。
  • 事業実施想定区域周辺には鷹架沼や室ノ久保川等の水辺環境が存在しており、土地の改変に伴う土砂等が当該水辺環境に流入することにより、動植物の生息・生育環境に影響を与えるおそれがあることから、工事の実施における水辺環境に生息・生育する動植物に係る項目を環境影響評価方法書において選定すること。


関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

環境保全課 水・大気環境グループ

電話:017-734-9242 
FAX:017-734-8081



この記事をシェアする

フォローする
  • facebook
  • twitter


みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度



こんな記事もよく読まれています