デジタルコンテンツ制作ワークショップ「クラウド型サービスを用いたスライドショー制作」を開催しました [情報システム課 3月15日]



ホーム > しごと・産業 > ICT(情報通信技術) > デジタルコンテンツ制作ワークショップ「クラウド型サービスを用いたスライドショー制作」を開催しました

 県では、日常生活における身近な形でのICTの利活用に興味をもってもらうことを目的に、画像、映像などのデジタルコンテンツを用いて一つの作品を制作するワークショップを開催しています。
 平成28年度は、主に小学5・6年生を対象として、クラウド型サービスを利用し、タブレット端末で写真や動画の編集や共有を体験するワークショップを開催しました。

開催概要

開催日 開催校 対象
平成28年11月25日(金) 今別町立今別小学校 5・6年生20名
平成28年11月29日(火) 板柳町立小阿弥小学校 6年生27名
平成29年1月29日(日) 八戸市階上町田代小学校中学校組合立田代小中学校 小学5・6年生2名
中学1~3年生5名

会場の様子


平成28年11月25日・今別小学校


平成28年11月29日・小阿弥小学校


平成29年1月29日・田代小中学校

 参加した児童・生徒は、配布されたタブレット端末で思い思いに写真を撮影した後、クラウド型サービスを利用して他の児童・生徒と写真を共有し、写真の加工や動画の編集を行いました。
 初めて経験する子も多かったようですが、実際にタブレット端末を操作することで、楽しみながらスライドショー制作を体験していただけたようでした。また、この体験を通して、ネットワークやクラウドの一端にも触れてもらうことができました。

参加児童・生徒作品

今別小学校
小阿弥小学校
田代小中学校(当日参加いただいた保護者や地域の方の作品も掲載しています。)


関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

情報システム課 地域IT推進グループ

電話:017-734-9158 
FAX:017-734-8036



こんな記事もよく読まれています