総合評価落札方式(県土整備部)の運用 [整備企画課 3月16日]



総合評価落札方式

平成29年度の総合評価競争入札についての運用は、「総合評価落札方式【標準型・簡易型】に関する運用ガイドライン(平成29年度版)」で行います。なお、工事毎の詳細については、それぞれの入札説明書によるものとします。

運用ガイドライン等は、下記よりダウンロードできます。


平成29年4月1日以降入札公告の工事に適用


平成28年4月1日以降入札公告の工事に適用


平成27年4月1日以降入札公告の工事に適用


平成26年4月1日以降入札公告の工事に適用


平成25年11月15日以降入札公告の工事に適用


平成25年10月20日以降入札公告の工事に適用


平成25年4月1日以降入札公告の工事に適用


平成24年4月1日以降入札公告の工事に適用


平成23年5月9日以降入札公告の工事に適用


平成23年4月1日以降入札公告の工事に適用

建設関連業務総合評価落札方式

 本県においては、平成18年度に公共工事に関する総合評価落札方式を試行導入し、平成21年度からは、設計額5千万円以上の工事は原則として全て総合評価落札方式で実施しているところですが、この度、公共工事の品質確保に重要な役割を果たしている調査・設計についても総合評価落札方式を指名競争入札により試行するものです。

運用の手引き等は、下記よりダウンロードできます。


平成29年4月1日以降入札公告の業務委託に適用


平成28年4月1日以降入札公告の業務委託に適用


平成27年4月1日以降入札公告の業務委託に適用


平成25年10月15日以降入札公告の業務委託に適用


関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

県土整備部 整備企画課

電話:017-734-9644 
FAX:017-734-8184



こんな記事もよく読まれています