【その他】一般国道の新規事業採択時評価手続きに関する知事コメント(平成29年3月16日)



最終更新日:2017年3月16日(木)

 

【建設部土木局道路課】  


本日、国において社会資本整備審議会道路分科会事業評価部会が開催され、一般国道36号の白老拡幅(延長4.8km)について、「新規事業化が妥当」との意見をいただき、大変喜ばしく思います。


 また、これまで新規事業化に向けて取り組まれてきた、地元関係者の皆様のご努力に感謝いたします。


 国道36号は、胆振地域における周遊観光などの観光面や、国際拠点港湾の苫小牧港と室蘭港を結ぶ物流面において、重要な路線であると認識しております。また、白老町のポロト湖畔では、民族共生象徴空間の整備が進められており、道といたしましても、来場者を受け入れるために必要となる準備を着実に進めて参ります。

 私といたしましては、本区間が平成29年度の新規事業箇所として採択されることを期待するとともに、平成32年の民族共生象徴空間一般公開までに供用となるよう、地元関係者の皆様と一体となり、努力して参ります。

                       

 

                                   

                                      
平成29年3月16日                 

                                      

                                         北海道知事 高橋 はるみ

   

 
◆知事コメント集のページへ




こんな記事もよく読まれています