<まち×学生プロジェクト>課外活動団体が地域と連携し、認知症への理解を促す事業「オレンジプロジェクト」を開催 — 神奈川大学 – 大学プレスセンター



【本件のポイント】
●神奈川大学課外活動団体「GLOBAL YEN LEAP」(ボランティア部)が、同大横浜キャンパスの所在地である横浜市神奈川区六角橋の自治会、商店街と連携し、認知症への理解を促す事業「オレンジプロジェクト お年寄りにやさしい街・六角橋 〜地域で取組む認知症対策〜」を開催。
●9/18(敬老の日)〜9/21(世界アルツハイマーデー)の期間中、「お年寄りにやさしい」「高齢者」をテーマに、子どもや学生、高齢者、認知症の当事者、介護者など、さまざまな方が参加できるイベント・講座・展示を、4日間で13プログラム予定している。六角橋商店街、横浜市六角橋地域ケアプラザ、神奈川大学横浜キャンパスが会場となる。
●今回のプロジェクトは、認知症の理解を地域で深め、横浜市神奈川区六角橋の街が「誰もが認知症の方を受け入れ、認知症の方を社会の一員として迎え入れられる地域」となることを目指している。

【開催の経緯】

 神奈川大学課外活動団体「GLOBAL YEN LEAP」(ボランティア部)の学生が「身近な地域でボランティア活動を行いたい」と六角橋地域ケアプラザの方に相談したことがきっかけとなり、認知症について学んだ上で、これまでは厚生労働省の認知症施策の1つである認知症サポーター養成講座の実施等を行ってきた。

 その活動を進める中で、学生や若い世代にも「認知症」についてもっと知ってほしいと、「ピンクリボンキャンペーン」等を参考に、商店街を「認知症」のテーマカラー「オレンジ」で染める「オレンジプロジェクト」を実施するに至った。

・事業名: オレンジプロジェクト お年寄りにやさしい街・六角橋 〜地域で取組む認知症対策〜

・日 時: 2017年9月18日(月)<敬老の日>〜9月21日(木)<世界アルツハイマーデー>

・会 場:

 1.六角橋商店街(東急東横線 白楽駅西口 出てすぐ)

 2.横浜市六角橋地域ケアプラザ(東急東横線 白楽駅西口 徒歩10分/横浜市営バス36・82系統「神奈川大学入口」)

 3.神奈川大学 横浜キャンパス(東急東横線白楽駅・東白楽駅 徒歩13分/横浜市営バス36・82系統「神奈川大学入口」)

・主 催: 六角橋自治連合会・神奈川大学課外活動団体GLOBAL YEN LEAP(ボランティア部) 

・共 催: 横浜市六角橋地域ケアプラザ・六角橋商店街連合会

・協 力: 神奈川大学・神奈川大学生活協同組合

▼本件に関する問い合わせ先

 神奈川大学 教育支援センター

 TEL: 045-481-5661(代)


商店街のメインアーチに横断幕を掲出


商店街のメイン通りに幟を掲出


商店街での神奈川大学学生による認知症啓発活動(昨年の様子)

オレンジプロジェクト(チラシPDF)




こんな記事もよく読まれています