人気の観光列車を靴下に 四国キヨスク、子供用を販売 – 日本経済新聞



 四国キヨスク(高松市)は15日、観光列車「伊予灘ものがたり」「四国まんなか千年ものがたり」などJR四国の車両をモチーフにした子供用の靴下を商品化し、駅売店などで販売を始めた。新たな鉄道グッズとして乗車記念や土産物にしてもらう狙いだ。

 鉄道グッズを企画する、しおかぜ堂(松山市)と「鉄下」を共同開発した。伊予灘ものがたりなどのほか、「マリンライナー」「海洋堂ホビートレイン」「しまんトロッコ」といった8種を用意した。

 例えば、四国まんなか千年ものがたりでは緑豊かな自然をイメージした若葉色と、美しい紅葉を表現した赤系色を1足に組み合わせ、左右で異なる色合いを楽しめる。1足432円。サイズは16~20センチメートルと小学校低学年までを想定した。

 駅キヨスク、伊予灘ものがたり、四国まんなか千年ものがたりの車内などで販売する。JR四国の鉄道車両が「鉄下」になるのは初めてという。




こんな記事もよく読まれています