日本、ベルギーに敗れる=ゴール奪えず-サッカー – 時事通信



後半、ベルギーのR・ルカク(右から2人目)に決勝点を奪われるGK川島(左端)ら=14日、ベルギー・ブルージュ

 【ブルージュ(ベルギー)時事】サッカーの国際親善試合は14日、ベルギーのブルージュで行われ、日本代表はベルギー代表に0-1で敗れた。今回の欧州遠征は2戦2敗で終えた。
 日本は1-3で完敗した10日のブラジル戦から守備を立て直し、前半は0-0。しかし、後半27分に相手エースのR・ルカクに頭で決勝点を奪われ、反撃できなかった。国際連盟(FIFA)ランキング44位の日本は同5位のベルギーに初黒星を喫し、対戦成績は2勝2分け1敗となった。
 日本は12月に東アジアE-1選手権(東京)に出場するが、海外組を交えての試合は年内最後となった。 (2017/11/15-07:04) 関連ニュース

【サッカー記事一覧へ】 【アクセスランキング】




こんな記事もよく読まれています