「千曲川・花の里山風景街道」に優秀活動賞 地域の魅力活用評価 – 産経ニュース



 風景街道関東地方協議会(事務局・国土交通省関東地方整備局)は、県北部を走る国道117号を中心とした地域活性化の取り組み「千曲川・花の里山風景街道」を、平成29年度の関東優秀活動賞に選定した。

 同賞は、地域活性化や観光振興への寄与度などを審査し表彰する制度。「千曲川・花の里山風景街道」は、117号沿いに3カ所ある道の駅と北陸新幹線飯山駅を拠点施設とし、飯山市など信越9市町村でつくる連携会議がレンタサイクル事業を展開した。

 幅広い旅行者層の誘客を図り、地域の魅力を最大限活用した取り組みが評価された。

 活動の推進に当たっては、5年間にわたる計画を作成し、地域の観光資源と組み合わせた体験会なども開催している。




こんな記事もよく読まれています