埼玉県行田市、山梨県笛吹市と災害時の応援協定 – 日本経済新聞



 埼玉県行田市は13日、山梨県笛吹市と災害時の相互応援協定を締結した。これに合わせ、行田市民が笛吹市内の石和温泉の旅館を優待料金で利用できる協定を、石和温泉旅館協同組合と結んだ。

 笛吹市は行田市から車で約2時間半と日帰り圏内にある。行田市は関東平野北西縁断層帯地震、笛吹市は東海地震と想定される大地震が異なることから、地震発生時に避難者の受け入れや物資提供などで協力する。また、両市とも内陸部に位置し、洪水や雪害など共通の備えがあることから、被害が生じた場合に支援し合う。

 温泉組合との協定は「行田市湯ったりあったか元気倍増事業」として、市民の福利厚生に役立てるとともに、同温泉の地域活性化を図る。




こんな記事もよく読まれています