農業協同組合について



更新日:2017年3月9日

農業協同組合(農協)は、農業者が農業協同組合法に基づき設立する協同組合で、法人格が与えられています。

農協系統の組織には、農業者自身が組合員となっている単位農協と、この単位農協の事業活動を補う連合会や指導機関である農協中央会があります。単位農協には、信用・共済・経済等の各種事業を行う総合農協と、特定の事業を中心に活動を行う専門農協があります。

農業協同組合は、組合員の農業経営や技術の向上等に関する指導事業や信用事業、共済事業、購買事業、販売事業など様々な事業を行うことができますが、農業協同組合の事業の範囲は、農業協同組合法に定められており、法律に定められた範囲を超えて事業を行うことはできません。



平成27年2月1日現在、兵庫県には14の総合農協(信用・共済・経済等の各種事業を行う単位農協)があります。所在地等についてはこちらです。

関連メニュー


こんな記事もよく読まれています