「恵みフェア」来てね 21、22日 松任駅前周辺 – 中日新聞



「白山の恵みフェア」のチラシ=白山市役所で

写真

 白山市は、白山ゆかりの特産品や伝統文化が楽しめる開山千三百年のイベント「白山の恵みフェア」(二十一、二十二両日、同市のJR松任駅前周辺)のチラシを作った。市内の公共施設や観光施設、道の駅などに配布し、来場を呼び掛ける。(鴨宮隆史)
 A3カラー二つ折りで、五万部を製作。「グルメ屋台・特産品」として出店する計四十一の事業者やブース、市内産の野菜や加工品が並ぶ「マルシェ・ドゥ・ハクサン」の出店業者、伝統芸能ステージのスケジュールをはじめ、白山シンポジウムの概要や獅子舞演舞大会、アートクラフト体験の内容などが盛り込まれている。
 市の担当者は「白山開山千三百年事業の集大成で、多くの人たちに来てもらえれば」と話している。
 このほか市内の千代尼通り商店街では十四日から、商店街の店舗で買い物をした人へ五百円ごとに一枚抽選補助券を先行配布する。フェアで行われるガラポン抽選会で使用できる。

この記事を印刷する




こんな記事もよく読まれています