端っこ4市町 首長交流会議 – 読売新聞



 大間町など本州東西南北の端にある4市町でつくる「本州四端よんたん協議会」の首長交流会議が14日、大間町役場で開かれ、4市町長が地域活性化に向けた今後の連携策について意見を交わした。

 協議会は、2004年に発足。07年から持ち回りで首長交流会議を開催している。協議会ではこれまで、物産展での各地の特産品のPRや、本州最端の四つの景勝地を訪ねる「本州四端踏破ラリー」などを行っている。

 交流会議は大間町では2回目の開催で、同町の金沢満春町長のほか、岩手県宮古市(東端)の山本正徳市長、和歌山県串本町(南端)の田嶋勝正町長、山口県下関市(西端)の前田晋太郎市長が出席した。ふるさと納税の返礼品や、東京都内でのイベントを通じ、結びつきをアピールする案などが出された。

 金沢町長は「本州の端という『地の利』を生かし、より多くの人たちに訪れてもらえるよう、さらに連携を深めていきたい」と語った。




こんな記事もよく読まれています