三重県知事、ホーチミン市でトップセールス – NNA.ASIA



三重県の鈴木知事(右)は「三重県フェア」会場を訪れ、県産品をPRした=14日、ホーチミン市

三重県の鈴木知事(右)は「三重県フェア」会場を訪れ、県産品をPRした=14日、ホーチミン市

ベトナム訪問中の三重県の鈴木英敬知事は14日、ホーチミン市にあるイオンモールのタンフーセラドン店で開催されている「三重県フェア」を訪れ、「フェアを通じて三重県を好きになって三重県に来てもらうことを楽しみにしている」として県産品のトップセールスとともに観光誘致を行った。

三重県フェアでは県企業が、菓子やお茶のほか、名物のカキ、真珠製品などを販売している。20年ぶりにホーチミン市を訪れたという鈴木知事は、「経済的活気に強い印象を受けた」として県産生鮮食品などの市場開拓に期待を示した。三重県フェアは19日まで開かれている。

知事は14日午前、現地旅行会社と協議し、訪日ツアーの旅程に三重県を組み込むよう働き掛けた。また同日午後には、四日市港の利用促進に関するセミナーをホーチミン市内で開く日程で、四日市港の利便性をPRする。

15~16日にはタイ・バンコクを訪れ、観光誘致や県産品の売り込みを図る。知事の訪問には、県企業の関係者など約90人が同行している。




こんな記事もよく読まれています