特産スパイスをPR 50種類の商品並べ初フェア:おでかけ – 47NEWS … – 47NEWS



 島根県雲南市木次町の道の駅・さくらの里きすきで16日、「うんなんスパイスフェア」が始まった。「食欲の秋」を迎え、約1カ月間、同市特産の香辛料の認知度向上を図る狙いで、関連商品を並べた特設売り場を設け、PRする。

 雲南市はマイルドな辛さとほのかなうま味が特徴の大型の「オロチの爪」をはじめ、トウガラシの栽培が盛んで、ショウガやニンニク、サンショウも作られている。
 フェアは、地元産香辛料を使った商品を開発する企業などでつくる「スパイスプロジェクト」(松尾透代表)と、同道の駅が、トウガラシの旬に合わせて初めて企画した。館内の特産品コーナーなど売り場を設け、レスト…[記事全文]




こんな記事もよく読まれています