これぞネットの力! Twitterで話題の昭和初期の観音像の写真、正体がついに判明 – INTERNET Watch



 先日からTwitterなどで話題になっていた、昭和初期と思われる謎の観音像の写真の正体がついに判明。「すごい」「感動した」など、多くのユーザーから賞賛のコメントが寄せられている。

 これは滋賀県の寺に残されていた巨大な観音像の写真について、撮影場所および年代を調べたいというツイートが発端になり、専門的な知見を持つ多くのユーザーが参加して調査が進められていたもの。観音像のデザインや人々の服装、周囲の樹木、写っている人物など、さまざまなヒントをもとに推理がなされるたびに場所や年代などの条件が絞り込まれ、その着眼点に対してギャラリーからは称賛の声が集まっていたのだが、Togetterにまとめが作られた段階ではまだ未完の状態だった。しかしその後、有力な手がかりがもたらされ、地元の地域おこし協力隊に問い合わせを行ったところ、長崎県松浦市の青島にある子安観音でほぼ間違いないことが判明。「すごい」「感動した」など、多くのユーザーから賞賛のコメントが寄せられている。数日前の途中経過までの段階しか見ていなかった人は、ぜひ解決編も含めた全体をチェックしてほしい。



  • 【ついに判明!】とある一枚の謎の写真「この観音像はどこにあったのか?」写ったものをヒントに推理続々「ガチ勢すごい」「感動した」(Togetter)
    https://togetter.com/li/1178072

こんな記事もよく読まれています