奈半利の古民家 アート楽しもう…24日まで – 読売新聞



 奈半利町内で登録有形文化財に指定された古民家などを巡って芸術を楽しむ「奈半利・古民家Art 都築房子展」が開かれている。24日まで。

 町民らでつくる「なはり浦の会」(森美恵会長)が、地域活性化の活動の一環として開催。現在は香美市立美術館の館長を務める造形作家の都築さんは、経済産業省の近代化産業遺産に登録された町内の藤村製糸の工場で、2009年に個展を開いたことがある。

 今回の会場は、藤村製糸や「森家住宅」、「高田屋」、集落活動センター「なはりのさと」の4か所。製糸工場の「繭」などをテーマにした作品計7点が展示されている。

 森会長は「奈半利の古民家を楽しみながら、アートに触れてもらいたいですね」と話していた。入場無料。問い合わせは、同会(090・1570・2225)。




こんな記事もよく読まれています