子育て応援宣言企業6000社大会



 福岡県では、企業や事業所のトップ自らが、従業員の仕事と子育ての両立を支援する具体的な取り組みを宣言し、それを県が登録する「子育て応援宣言企業登録制度」を全国に先駆けて平成15年から実施しています。

 2月1日、登録企業が6000社を突破したことを記念し、福岡市内で「子育て応援宣言企業6000社大会」を開催、多くの企業や県民の皆さんが参加しました。
 小川知事は、「今後とも、宣言企業のさらなる拡大、そして各企業の宣言内容の充実、質と量の両面から積極的に取り組んでまいります」とあいさつしました。

 大会では、従業員の仕事と子育ての両立について、特に顕著な成果を上げている県内5社に対する知事表彰や、宣言企業の経営者などによるリレートーク、公益財団法人21世紀職業財団会長の岩田喜美枝さんによる基調講演が行われ、会場に集まった約400人の参加者は熱心に耳を傾けていました。

 また、大会終了後の参加者交流会では、活発な情報交換が行われていました。


 子育て応援宣言企業・事業所知事表彰 受賞企業・事業所

  • 株式会社タカミヤ(北九州市)
  • 医療法人健明会(直方市)
  • 朝倉医師会病院(朝倉市)
  • 西部ガスエネルギー株式会社(粕屋町)
  • エコー電子工業株式会社(福岡市)

syugo iwata
(写真左)知事表彰企業の皆さん(左から株式会社タカミヤ、医療法人健明会、知事、朝倉医師会病院、西部ガスエネルギー株式会社、エコー電子工業株式会社)
(写真右)岩田喜美枝さんの基調講演の様子



この情報に関連する情報


こんな記事もよく読まれています