平成30年度福岡県公立学校教員採用候補者選考試験における改善について



 平成29年度に実施する平成30年度福岡県公立学校教員採用候補者選考試験から、試験内容等が変更になります。
※ 本試験については、福岡市立及び北九州市立の小・中・特別支援学校教員・養護教員・栄養教員は対象外です。

1 受験資格(年齢)の変更

 全ての試験区分・教科(科目)において、受験資格(年齢)を満59歳以下(昭和33年4月2日以降に出生した者)とします。

2 現職教員の特例の変更

 現に小学校、中学校、高等学校、義務教育学校、中等教育学校及び特別支援学校の正規教員として勤務している者を対象とした現職教員の特例の受験者に対して、試験の免除を拡大します。

3 英語有資格者の特例の変更

(1)小学校教員志願者

  一定の資格を有する者に対して、第二次試験において免除としている英会話実技に加え、第一次試験において、新たに専門教科におけるリスニングテスト及び英語に関する試験を免除します。

(2)中学校(専願)及び特別支援学校(中学部)英語教員志願者

  一定の資格を有する者に対して、第一次試験において、専門教科及びリスニングテストを免除します。

 なお、今回の改善の詳細については、以下の添付ファイルをご覧ください

 また、実施教科や採用予定数等その他の事項につきましては、決定次第、ホームページ等で公表します。
 試験の詳細については5月中旬に公表する実施要項にてご確認ください。




こんな記事もよく読まれています