福岡ソフトバンクホークスからのアンビシャス運動コラボ文具贈呈式



アンビシャスシンボルマーク

 日頃から「青少年アンビシャス運動」の趣旨に賛同し、応援いただいている福岡ソフトバンクホークスから、今年も県内の小学生に対し、青少年アンビシャス運動と連携したオリジナル文具が贈られました。

 3月16日、ヤフオクドームで贈呈式が行われ、工藤 公康監督から文具を受け取った小川知事は、お礼を述べるとともに、「今回のプレゼントは、『夢に向かってチャレンジしよう!』がキャッチフレーズです。子どもたちにとって、それぞれの夢、また、いろいろなことにチャレンジしていくきっかけになってくれることを期待します」と子どもたちにエールを送りました。

 贈呈式には、4月から新4年生になる児童も参加し、選手から渡されたオリジナル文具を手に、嬉しそうな表情を浮かべていました。

 ホークスから贈られた文具は、新学期に、全県下の小学生(新1年生、新4年生)に届けられます。
工藤監督と
(写真)工藤公康監督から文具を受け取る小川知事

選手とこども
(写真)憧れの長谷川 勇也選手会長と

集合写真
(写真)4月から新4年生となる子どもたちとの集合写真




こんな記事もよく読まれています