福岡県の高齢者人口及び高齢化率の推移(平成28年10月1日現在)



福岡県の高齢者人口及び高齢化率の推移(平成28年10月1日現在)

 平成28年10月1日現在の住民基本台帳等に基づく65歳以上の高齢者は、1,327,261人(前年同日現在1,292,534人)に達し、総人口の25.9%(前年同日現在25.2%)を占めています。

 前年に比べ、34,727人増加し、比率は0.7ポイント上昇しています。

1 高齢化率の高い市町村

 高齢化率が最も高い団体は東峰村で、高齢化率は40.9%であり、前年同日現在と比べ、1.5ポイント上昇している。

 高齢化率が20%以上の団体は58団体(28市28町2村)で、県内60市町村のうち9割以上の団体で、5人に1人以上が高齢者となっている。

 なお、高齢化率が25%以上の団体は48団体(23市23町2村)、30%以上の団体は31団体(13市16町2村)となっている。

順位
市町村名 東峰村 添田町 香春町 小竹町 みやこ町
高齢化率 40.9% 39.0% 37.7% 37.6% 36.8%

2 高齢化率の低い市町村

 高齢化率が最も低いのは新宮町で、高齢化率は16.7%であり、前年同日現在と比べ、0.4ポイント上昇している。

順位
市町村名 新宮町 粕屋町 春日市 大野城市 福岡市
高齢化率 16.7% 17.3% 20.1% 20.2% 20.7%

3 高齢者保健福祉圏域別にみた高齢化率

 高齢者保健福祉圏域別にみると、高齢化率が最も高い圏域は、前年と同じく有明圏域で、33.7%となっている。

 また、高齢化率が最も低い圏域は、福岡・糸島圏域で、21.0%となっている。



高齢者保健福祉圏域 総人口(人) 65歳以上(人) 高齢化率(%) 75歳以上(人) 後期
高齢化率(%)
福岡・糸島圏域 1,612,427 339,415 21.0% 156,524 9.7%
糟屋圏域 287,515 63,385 22.0% 27,628 9.6%
宗像圏域 158,221

43,538

27.5% 20,646 13.0%
筑紫圏域 438,018 96,190 22.0% 42,673 9.7%
朝倉圏域 86,660 26,578 30.7% 13,524 15.6%
久留米圏域 461,971 122,554 26.5% 60,644 13.1%
八女・筑後圏域 134,596 39,803 29.6% 21,160 15.7%
有明圏域 225,006 75,778 33.7% 40,038 17.8%
飯塚圏域 183,801 56,952 31.0% 28,487 15.5%
直方・鞍手圏域 110,570 36,234 32.8% 18,506 16.7%
田川圏域 130,183 43,386 33.3% 22,085 17.0%
北九州圏域 1,105,114 326,688 29.6% 162,716 14.7%
京築圏域 190,190 56,760 29.8% 28,406 14.9%
総計 5,124,272 1,327,261 25.9% 643,037 12.5%

こんな記事もよく読まれています