3月は自殺対策強化月間です



 警察庁の自殺統計(暫定値)によると、平成28年の県の自殺者数は869人であり、全国と同様、減少傾向にありますが、いまだに多くの方が、自ら命を絶っている状況です。

  自殺は「さまざまな悩みが原因で、心理的に追い詰められ、正常な判断を行うことができない状態に追い込まれた末の死」であり、「その多くが防ぐことのできる社会的な問題」であると言われています。

  福岡県では、3月の自殺対策強化月間に合わせ、自殺予防を推進するため、県民の皆様に自殺予防についての理解を深めていただくための街頭啓発を実施します。

<自殺対策強化月間とは>

  自殺総合対策大綱(平成24年8月28日閣議決定)において、例年、月別自殺者数の最も多い3月が「自殺対策強化月間」に設定され、国、地方公共団体、関係団体、民間団体等が連携して啓発活動を推進し、あわせて悩みを抱えた人が必要な支援が受けられるよう、支援策を重点的に実施することとされました。

 街頭啓発の実施

  日時

    平成29年3月2日(木曜日)午前7時45分から

  場所

    JR博多駅 博多口 博多駅前広場

  内容

    自殺予防に関する相談窓口や対応方法等に係る啓発物品を配布します。

 




こんな記事もよく読まれています