福島県、22日からロボ・航空宇宙展 74企業・団体が出展 – 日刊工業新聞



【福島】福島県は22、23の両日10時から、同県郡山市のビッグパレットふくしまで「ロボットフェスタ2017」(日刊工業新聞社など後援)を開く。74企業・団体が100ブースに災害対応や廃炉、医療・生活支援分野などのロボットやシステム、要素技術、関連素材・部品などを展示する。

「ロボット時代の創造」をテーマに高橋智隆ロボ・ガレージ社長が講演する。飛行ロボット(ドローン)の運行管理システムや産業ロボットの生産システムなどのセミナー、出展者プレゼンテーション、体験・工作教室も開く。

「航空宇宙フェスタふくしま2017」も同時開催する。44企業・団体が76ブースに関連製品や技術、加工部品などを展示するほか、吉田誠宇宙航空研究開発機構角田宇宙センター所長が講演する。

入場無料。問い合わせはロボットフェスタが福島県ロボット産業推進室(024・521・8568)、航空宇宙フェスタは同企業立地課(024・521・7280)へ。




こんな記事もよく読まれています