新名神高速 鈴鹿トンネル事故 3人死亡 – NHK



15日朝、三重県亀山市の新名神高速道路のトンネルで、大型トラックや軽乗用車など車3台が関係する事故があり、軽乗用車に乗っていた男性3人が死亡しました。

15日午前6時半ごろ、亀山市の新名神高速道路の鈴鹿トンネルの下り線で、大型トラックとワンボックスタイプの乗用車、それに軽乗用車の3台が関係する事故がありました。

警察によりますと、この事故で軽乗用車に乗っていたいずれも会社員で、大阪・枚方市の横路崇史さん(25)、大阪市旭区の谷口亮太さん(25)、それに大阪・寝屋川市の橋立翔真さん(16)が全身を強く打って死亡しました。また乗用車の助手席に乗っていた49歳の女性も首などに軽いけがをしました。

大型トラックの右後方には追突されたような痕があるということで、警察は、事故を目撃した人の話などから、軽乗用車が大型トラックに追突したはずみで道路脇の壁にぶつかり横転したあと、乗用車が衝突したと見て調べています。

死亡した3人は、大阪府内の清掃会社に勤める会社の同僚で、15日は三重県鈴鹿市で業務を終えて大阪に帰るところだったということです。現場は、亀山市と滋賀県甲賀市を結ぶトンネルの入り口からおよそ800メートルの地点で、ほぼ直線の3車線の道路です。




こんな記事もよく読まれています