車2台と衝突、オートバイの男性死亡 飯舘・避難解除後初 – 福島民友



 16日午前9時50分ごろ、飯舘村芦原字神前の県道でオートバイと中型トラック、乗用車の3台が絡む事故があり、オートバイの南相馬市、会社員、男性(54)が胸などを強く打ち、約1時間25分後に搬送先で死亡した。中型トラックの福島市、会社員(37)は右脚の骨を折る重傷。

 南相馬署によると、同村での交通死亡事故は今年3月末に一部地域を除き避難指示が解除されてから初めて。現場は片側1車線の傾斜のある緩やかなカーブ。

 福島市方面に向かっていた男性のオートバイが中央線をはみ出し対向する中型トラックに衝突し、はずみでオートバイは走行車線に押し出され、後続の南相馬市の無職女性(69)の乗用車にぶつかったという。女性にけがはなかった。

 同署はオートバイが乗用車を追い越した後、対向する中型トラックに衝突したとみて、原因を調べている。




こんな記事もよく読まれています