旅行大手7社 チャーター便2割増 訪日客増、小型機化に対応 17年度本社調べ – 日本経済新聞



 旅行大手が、増加する日本人海外旅行者を獲得するため国際チャーター便の確保に力を入れている。大手7社が国内外の航空会社から借り切る国際チャーター便の座席数が、2017年度は16年度実績比22%多い約6万3千席となる見込み。訪日外国人の急増と機体小型化の影響で不足する国際便の席を確保。定期便のない地域に直行するなど独自性の高いツアーを企画し、旅行予約サイトに流れる客を呼び戻す。

 JTBとエイチ・アイ…




こんな記事もよく読まれています