博物館学芸講座 「入門 岐阜県の古代史―美濃国・飛騨国ができたころ」



ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。



 岐阜県博物館では、平成29年度の「博物館学芸講座」を全9回シリーズで開催しています。

 第7回目となる今回は、当館の近藤大典(こんどうだいすけ)学芸員による講演会を開催します。

 古代の美濃国・飛騨国は「関の国美濃・匠の国飛騨」と言い表されます。おもに壬申の乱や不破関に象徴される交通の要所としての美濃、山国で培われた木工技術に秀でた飛騨をイメージした言葉です。そのように語られる美濃国・飛騨国が誕生したころ、古墳時代から飛鳥・奈良時代にかけて、両国がどのような状況であったか、近年の発掘調査成果を紹介しながら講演します。

イベント概要

開催期間 平成29年11月11日(土)
開催時間 午後1時30分から午後3時
開催場所 名称 岐阜県博物館
所在地 関市小屋名1989
電話番号 0575―28―3111
ホームページ 岐阜県博物館ホームページ(外部サイト)
参加料 無料※ただし、博物館本館の展示を観覧される場合には、所定の入館料(一般600円、大学生300円、高校生以下無料)が必要です。
定員 120名
申込方法

1.岐阜県博物館ホームページ

 申込みフォームからお申込みください。

2.電話(0575―28―3111)

 電話にて受講希望の講座名、連絡先(住所・電話番号)、参加申込者全員の氏名をお伝えください。

 ※休館日以外の午前8時30分から午後5時15分

報道発表資料

問い合わせ先

所属 岐阜県博物館
電話 直通:0575―28―3111
内線:301
FAX 0575―28―3110
メールアドレス c21804@pref.gifu.lg.jp

こんな記事もよく読まれています