食卓に富山の新しいお米を! 富山米の新品種「富(ふ)富(ふ)富(ふ)」10月16日から都内で限定販売開始 – PR TIMES (プレスリリース)



新品種「富富富」新品種「富富富」

炊きあがった「富富富」炊きあがった「富富富」

日本の米づくりを支えてきた富山県の新たな挑戦
 
 おいしい米づくりの元となる「種もみ」の県外向け受託生産量が日本一、日本の米づくりを支えてきた富山県は、猛暑による米の品質低下が全国的な問題になり始めた2003年、その問題を解決すべく新品種開発プロジェクトに着手しました。

 新品種開発にあたって掲げた方針は「コシヒカリの課題を克服し、おいしさを最大限に発揮する品質の育成」。すなわち、①米が実り始める登熟期に高温になると、白く濁った未熟粒が発生する②草丈が長いため倒れやすい③稲穂やもみを枯らす「いもち病」に弱い--この3点を克服することでした。

 そこで、県農林水産総合技術センターにおいて、高温でも高品質の特性を持つ遺伝子の検索と特定に着手。2014年までに約3000個体から16系統を選抜、さらに2015年には食味と収量性に優れる3系統まで絞り込み、2016年、同センターにおける食味調査や日本穀物検定協会による食味官能試験の成績に加え、県内の消費者による食味評価会での評価や料理人など専門家の意見を集約し、最も優れた1系統を選出しました。

 こうして誕生した新品種ブランド米の名称は、一般公募で応募のあった9411件の中から選考を行い、「インパクト」「新品種の特性」「富山らしさ」「海外でも定着する」を特に重視して、富山の「富」を三つ重ねて「富富富」に決定しました。

 「富富富」は今年度、富山県内23カ所の水田(計約7㌶)で実証栽培されました。8月の天候不順と日照不足の影響が心配された中、高温障害や台風被害もなく順調に生育し、田んぼは黄金色に染まりました。
 来年秋のデビューに向けて、消費者の皆さんや専門家のご意見を聞きながら、「ふふふ」と笑顔がこぼれる楽しい食生活を全国に提案していきます。

収穫した「富富富」を持つ関係者収穫した「富富富」を持つ関係者

順調に生育した「富富富」順調に生育した「富富富」

<首都圏の食のイベント開催概要>
(Ⅰ)「富富富」限定販売 (いきいき富山館)
■日時:10月16日(月)~
■概要:「富富富」数量限定販売 10月16日、17日は試食提供も!!

■場所:東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館B1F
 
(Ⅱ)「富富富」限定販売 (日本橋とやま館)
■日時:10月16日(月)~
■概要:「富富富」数量限定販売 10月21・22日、28・29日は試食提供も!!
■場所:東京都中央区日本橋室町1-2-6 日本橋大栄ビル1F

(Ⅲ)ほおばる幸せ!富山米フェア
■日時:10月15日(日)11時~18時
■概要:①富山米・特産品のPRブース 11時~18時
       物販テントを設置し、富山米や特産品をPR・販売。
    ②ステージイベント 11時~18時
      富山米新品種「富富富」のPR
    「富富富」の配布[新米サンプル(無洗米 真空パック)]
     食の王国大使ふふふ、元気とやまマスコットきときと君
     富山米PRほか
    ③その他 富山米や特産品がもらえるゲームコーナーを設置しPR
■場所:JR有楽町駅前広場
■主催:JA全農とやま、共催:富山県、後援:千代田区

(Ⅳ)『富山のさかな』PRイベントin大宮    

極上 高志の紅ガニ極上 高志の紅ガニ

■日時:10月27日(金)11時00分~20時00分
           10月28日(土)10時00分~19時00分
■概要:JR大宮駅において「富山のさかな」及び「水産加工品」をPRするイベントを実施
    ①富山のさかなPRコーナー
    ②「こきりこ」「むぎや」の実演などステージイベント
    ③水産加工品など特産品販売やお楽しみ抽選会
■場所:JR大宮駅 西口イベントスペース
■主催:富山県
 




こんな記事もよく読まれています