「iDeCo・ふるさと納税で節税」認知率は3割以下:働く女性の が気になる! – 日経ウーマンオンライン



新年度になり、皆さんは何かお金に関する目標を立てましたか。全国20~50代の就業女性1200人を対象とした調査から、働く女性のお金に関する意識や行動、マネーリテラシーが明らかになりました。昨今話題になったお金の制度についても簡単に紹介します。
(日本FP協会調べ、調査期間:2017年2月15日~20日、対象:全国の20代~50代の就業女性1200人/内訳20・30・40・50代各300人)

支出を切り詰めるだけが「節約」じゃない!  (C) PIXTA

「2017年度に行いたいこと」、お金に関する項目がランクイン

 まずは「2017年度(4月からの1年間)で行いたいこと」を聞きました。最も回答が多かったのは「美容・ダイエット」で46.2%に上り、「健康維持・増進」「趣味の充実」が続きました。

美容・ダイエット、健康、趣味の後に、お金に関する行動がランクイン

 その後に続いたのは、お金に関すること。「家計の見直し」(32.8%)、「新しい収入源を作る・増やす」(27.8%)、「将来の生活設計(ライフプラン)の見直し」(23.0%)が並んでいます。新年度を機に、家計を見直したり新しい収入源を探すことで、生活に余裕を持ちたいと考える人は少なくないようです。




こんな記事もよく読まれています