「福岡県建築物耐震改修促進計画」の改定について



福岡県建築物耐震改修促進計画 地震に強い安全・安心な福岡のまちづくり

 福岡県では、建築物の耐震改修の促進に関する法律(以下「耐震改修促進法」という。)第5条第1項の規定に基づき、平成19年3月に「福岡県耐震改修促進計画」を策定し、建築物の耐震化促進のため、様々な施策を展開してきました。
 その後の東日本大震災の発生や、平成25年11月の耐震改修促進法の改正など、建築物の耐震化を取り巻く社会動向を踏まえ、さらなる建築物の耐震化を促進するため、このたび本計画の改定を行いました。
 今後、この「福岡県建築物耐震改修促進計画」に基づき、建築物の耐震診断や耐震改修を総合的かつ計画的に促進していきます。
(注)データの容量が大きいため、分割版と一括版の両方を掲載しています。

(主な改定の内容)
1 耐震改修促進法により耐震診断が義務化された大規模建築物の耐震化促進への対応
2 緊急輸送道路(1次・2次ネットワーク)を避難路として指定し、通行を妨げるおそれのある沿道建築物の耐震診断を努力義務化
 福岡県緊急輸送道路ネットワーク図 [PDFファイル/5.6MB]
3 耐震性が不明な庁舎、避難所等を防災拠点建築物に指定し、耐震診断を義務化
4 平成32年度末及び計画最終年次である平成37年度末の耐震化の目標(耐震化率)を設定

(相談窓口)
 建物所有者等の耐震診断・耐震改修の実施に関する相談窓口を開設しています。詳細は、下記ホームページをご覧ください。



【分割版】

【一括版】


こんな記事もよく読まれています