アサヒコーポレーションと社会貢献協定を締結



~企業の強みを活かし、青少年の健全育成、県民の健康づくり等の取組みを展開~

 8月1日、福岡県は、地域の一層の活性化および県民サービスの向上を図るため、地元製造業として初めて、株式会社アサヒコーポレーションとの間で社会貢献に関する包括提携協定を締結し、小川知事と佐藤栄一郎代表取締役社長との間で協定書に署名を行いました。

 知事は「企業をはじめとする多様な主体と行政が一緒に地域課題を解決していく社会づくりが求められています。本日の協定締結を機に、青少年の健全育成や県民の皆さんの健康づくりなど、さまざまな分野で、アサヒコーポレーションと緊密に連携し、協働して取組みを進めていきたい」と今後の抱負を語りました。また、佐藤代表取締役社長は「地元製造業として初めて福岡県との包括提携協定を締結することができましたことを大変光栄に思います」と協定締結が実現したことに感謝を述べました。

 県では、今後とも、包括提携協定の活用を含め、多くの企業などとの協働を進め、県の「共助社会づくり」をさらに推進していきます。

締結式の様子 記念撮影

(写真左)締結式の様子(写真右)左から、小川知事、(株)アサヒコーポレーション 佐藤栄一郎代表取締役社長

あいさつする知事

(写真)あいさつする知事





こんな記事もよく読まれています